受験において英語と数学は絶対必要

個人的に英語と数学が必要だと思います。
まず、英語は文系であろうと理系であろうと、避けて通れないと思います。

国立大学や難関私大をする時には、英語の配点がかなりの割合で占めています。

英語の出来次第で、受験する大学の合否が決まると言っても、過言ではありません。

次に、数学の話になります。
数学がなぜ必要かと言うと、勉強の仕方の根本的な部分を、数学の理解度次第で変化してくるからです。

また、受験の時だけでなく、数学を理解するだけで、物事の捉え方が変化してきます。
物事の捉え方が変化してくると、勉強の仕方が変化してきます。

例えば、一日の時間の使い方が変化してくると個人的には思います。
それが出来てくると、人によりますが自分の特性に合った勉強が出来ると思います。

最後に、個人的な勉強方法を伝えます。
英語に関しては、とにかく音読することだと思います。

出来るのであれば、ジェスチャー等を利用すればいいと思います。
英語も言語なので、五感を利用するべきだと個人的に思います。

数学に関しては人によりますが、一番簡単な問題からすると良いと思います。
そこから、少しずつ難しい問題をしていけばいいと思います。
なるべく基礎は大切にしていけば、出来ると思います。