子どもの成績を伸ばせる塾を見分けるには

ここ数年で、塾の数が大幅に増えた地域が多いでしょう。
ビデオ授業を導入すれば、それまでほとんど受験指導をしたことがない人でも、塾を始めることができるようになりました。

そうすると、親にとってはどの塾に子供を預ければいいのか、見分けるのが難しくなってきています。
そこで、塾講師をした経験のある立場として、「いい塾の見分け方」を紹介します。

まず、今から入塾したいと思っている塾に電話で問い合わせをした時に、「私の子供は、志望校に合格できますか?」という質問をしてみて下さい。
この質問に「この塾に任せてくれれば、受かります。」とすぐに返答する塾であれば、そこはおススメできません。

まだ子供を見ていないのに、合格できると言えるなんて、まずありえません。
それに、例えばその子の成績に関する情報も全くないのに、安易に「この塾に来れば大丈夫」と言う塾は、子供を入塾させることしか考えていないか、受験についてほとんど分かっていないと言ってもいいでしょう。

「お子様の志望校はどこですか。また、お子様の現在の学年、成績を教えてください」と返答してこられれば、少なくとも電話の内容にしっかり答えようとしています。
この時お子さんの成績を答えられるように、準備しておいてください。

お子さんの情報を伝えたとき、保護者の方にわかりやすく説明できる塾はいい塾である可能性が高くなります。
まず、受験について詳しく分かっていないと答えられません。

そして、受験のことがあまりわかっていない保護者の方にきちんと伝えられる能力があるということは、わかりやすく説明できる能力があるということです。
そういう人は、生徒にも誠実に対応し、わかりやすい授業をしてくれる人物だと言えるでしょう。

保護者が電話するだけでも、これだけのことがわかります。
ぜひ、自分なりに工夫して、お子さんにとって最適な塾を見つけてください。