高校受験の塾選びとは!教室タイプか個人タイプか?

高校受験のための塾選びのとき、教室タイプか、個人タイプか悩みました。
教室タイプは学校と同じように先生一人に塾生がいる。
このタイプはレベルごとのクラスになり、レベルがはっきりします。
個人タイプは机に仕切りがあり、塾生5人に先生一人、先生が移動しながら勉強するタイプ。
この2種に分かれます。

選ぶときにはまず自分の子供の性格を判断します。
負けず嫌いのお子さんは教室タイプでクラス分けなどにも敏感に反応して頑張るタイプ。
天下取る織田信長タイプの子が向きます。
うちの子供たちは教室タイプですと説明聞いてできた気になってしまうので、教室タイプですと、真面目に聞いてはいますが、「できた気」になり、いざってときに理解度が低い。
なので個人タイプにしました。
個人タイプは争うことが少ないので、レベルを上げることは難しいかもしれません。
その子の苦手を克服して苦手で取れなかった点数を確実に取り、点数を上げていくことに重点がおかれます。
そのため競うこともありません。でも苦手が克服されることにより平均的に点数がとれるようになります。
教室タイプは頑張れば頑張っただけ点数があがります。
モチベーションの高い子には向いています。
できた気にならないために塾選び、勉強方法を考えないといけないです。
どちらにするかは子供の性格次第なんです。